介護サービス人材教育

仕組みづくり 

OJTの仕組みづくり

介護サービスにおける人材教育の手法の一つと してOJT(On the Job raining)は非常に重 要です。OJTは研修会や勉強会では習得するこ とが難しい実践力を身に付けることができます。 また、OJTは新人教育の場面でのみ活用される 手法ではなく、ベテラン職員、マネジメント層 等の人材育成においても幅広く活用できます 。

指導する立場となる職員に対しては、「他職員 に対して教える」ということを教育することが とても大切です。教育担当の職員の教え方にブ レが生じてしまっては、施設全体で業務の手順 やケアの質を一定に保つことが難しくなってし まいます。そこで、教える内容にムラがでない、 ブレがないように、教育担当の職員に対しても OJTの標準的な手順を決めましょう。指導手 順が属人的にならないよう、標準的な手順に乗っ 取って指導することが肝となります。

教える技術は、相手の能力・知識、意欲、性格 等によって様々です。画一的に伝えるのではな く、相手に合わせ柔軟に対応しましょう。

取組によって得られる効果

専門性を高め、リーダーを育成するため、教育内容の統一と教え方のトレーニングを実施する、 教える仕組みをつくる。

厚生労働省老健局 介護サービス事業における生産性に資するガイドラインを参考

投稿日:

Copyright© AI介護相談 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.