介護

文書の簡素化・標準化・ICT等の活用

更新日:

介護
介護分野の人手不足や今後の介護サービス需要の伸びに対応し、介護制度の持続
可能性を確保するため、テクノロジーやデータを活用し、介護職員がケア業務に専念できる環境を整備する。その際、介護事業者に中小事業者が多いことを踏まえ、こうした事業者に対するテクノロジーや運営ノウハウの導入支援を強化する。

介護職員が行政に提出する文書等の作成に要する時間を効率化し、利用者に対す
る介護サービスの提供に集中できるよう、行政に提出する文書の記載項目や添付書類の削減など文書の簡素化を進めることが望ましいです。
また、自治体ごとに文書の様式等が異なり、文書作成の効率化やICT化を阻害し
ていることを踏まえて、国が標準的な様式等を作成するとともに、行政文書の標準化に取り組む自治体に対し、介護インセンティブ交付金で評価することが今後考えられます。
さらに、行政への文書提出をワンストップで効率的に行うことが出来るよう、事
業所の指定に関する申請や事業所の介護報酬の請求に関する届出等の標準化と電子化の実現について、2020年度中に検討し、2021年度中の実現を目指されるでしょう。

-介護
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© AI介護相談 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.