介護

介護サービスをより少ない人数で テクノロジ活用で実現目指す 政府の社会保障検討会議

投稿日:

高齢者の急増と現役世代の急減が同時並行で進む今後は、サービスのニーズが更に高まる一方でマンパワーの確保が一段と難しくなると予測されます  。

これが政府の介護に関する基本認識です。

限られた人材がケアや地域作りなどに専念できるよう、介護現場にイノベーションを起こさなければいけないとみているようです。

 政府は今回の第2次中間報告に以下のように記載しました。

 「現在、業務改善や見守りセンサー、ケア記録の電子化、インカムなどの活用によって、より少ない人数で質を保ちつつサービスを提供する施設が存在している。こうした先進事例の全国展開を進める」

 あわせて、ケアプランの作成を支援するAIなどの導入を進めていく考えも書き込みました。

 厚労省は開催した審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)でもこのテーマを俎上に載せました。

会合では介護現場の革新、生産性の向上を目指すこと、来年度の報酬改定に何らかの施策を盛り込むことを確認しました。

今後、中身の検討が進むと予想されます。

まずは、音声認識 文字入力ソフトを活用してみるのも良いかもしれません。

お問い合わせはお気軽に

-介護
-, , , , , , , , , ,

Copyright© AI介護相談 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.