介護ロボット ICT DX 自立支援型介護 研究

みなさん こんにちは。aiで介護の悩みを軽くするをコンセプトに、弊社は、google アシスタントを利用した活動を私たちは始めてきました。この度更に範囲を広げ、人工知能・データ解析・ロボット導入・ICT活用と少し範囲を広げました。

近年、介護業界に置いては、LIFE情報システムが稼働し、データ収集及び活用が始まりました。

私たちは、その中でも自立支援介護、をポイントとし、また、日本の人口減少や、介護される方の体格の大型化、要求の多様化などを踏まえた上で、様々な先端事例を研究し、弊社のお客様へその情報を提供し、介護される方はより自分らしい人生を提供でき、介護する側の方には、プロフェッショナル化・科学的介護の推進ができるようにお手伝いができればと考えております。

みなさまのお役に立てるように頑張ります。これからもよろしくお願いいたします。

忙しい現場を変えていくためには、見守りなどの介護ロボットの導入は必須といえます。
「介護の質と業務効率化がどのように変化するか」を考えることが最も重要です。
「どんな介護ロボットを導入すれば、介護の質が上がるか」そして「どんなふうに利用すれば業務の 効率化に役立つか」を考える必要があります。

みなさまといっしょにプロジェクトを進めてまいります。

九州スマート介護士

介護の質と生産性を向上することができる最先端の技術を扱える介護士です。ai-careconsultationでは、最先端の技術を扱える介護士(エキスパート介護士)が、介護の質と生産性を向上することができるように、みなさまへの研修会、介護ICTロボット機器導入支援の研修会・相談等 行ってまいります。

音声入力

AIで、介護相談

突然、「家庭での介護が必要になった」、「うちのじいじや、ばあばが介護、なにすればいい?」といったときに、準備もできていない、基礎知識もない、そんなとき、役に立つように考え、開発されたのが、AIで介護相談するという方法です。

介護相談アプリにつないで

介護相談BOTです。今日はどうなされましたか?

父の件で相談があります。

お父様の件ですね。どうなされましたか?

最近、食欲がないのですが?

ご心配ですね。○○○○説明に続く。。。。

介護の新人 ケアマネージャー 音声入力 介護サービスにおけるテクノロジーの活用 介護文書の簡素化・標準化・ICT等の活用

介護サービスにおけるテクノロジーの活用 介護文書の簡素化・標準化・ICT等の活用 いつでも・どこでも音声入力で簡単に記録を残しておくことができ、 カルテ・報告書 入力等の効率化や省力化に貢献いたします。

【利用例】 ・看護や回診など、移動の多い業務中の記録作成 ・訪問介護や在宅診療、出張など、外出時の記録作成 ・PC上の電子カルテ・レポートへの転送 ・ 介護士が、訪問介護中に記録しておきたい内容を声で登録し、会社・施設に戻ってからソフトウェアに転送できます。

みんなの業務の効率化あなたの会社にも活用 介護の新人

お問い合わせは http://ai-careconsultation.com/ 担当:斉藤        092-437-1110

業務における労働力不足の問題点の解説

現場でのご使用例をご体験いただけます 介護音声入力

更新日:

Copyright© AI介護相談 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.